2008年09月09日

果たして「解雇」は妥当か?おぼれた犬を棒で叩く社会

今朝は、朝からオフィス(というか自宅)でお仕事。
朝からワイドショーで、「露鵬と白露山の大麻吸引事件」がかまびしい。

まあ、他人のこと(サッカーではないから)だから、ともって聞き流しておりましたが、エッセイストの飯干さんが「解雇で当たり前」という発言をされていたので、これは見のがしてはいけないと、ちょっと書くことにしました。
(あと、相撲記者クラブ会友の杉山さんも「解雇は当たり前。これで9月場所から出てきたら、おかしいでしょ」と話していたのもおかしいので)

まずは「解雇」が妥当かという問題です。

これについては、「2008年5月に巨人のルイス・ゴンザレス選手がドーピング検査で陽性反応が出たため、巨人を解雇されたではないか」という方がおられました。
しかし、これは「巨人を解雇された」だけであって、日本プロ野球機構では「1年間の出場停止」なのです。
これは亀田兄弟にも言えることですが、「1年間の出場停止」は国内のルールで、彼は米国に戻って野球を続けることが出来ますし、1年間待てばプレーすることも出来ます。(ただし、どこかのチームと契約できればですが)
「解雇」は一つのチャンスが無くなっただけで、野球界から永久追放されたわけではありません。
野球でも、永久追放は「八百長」など、特に酷いケースに限られます。

それに対して、相撲協会は「部屋を解雇」になったのではなく、「協会を解雇になった」のであり、それはつまり相撲界から「永久追放」されたことです。 しかも、彼らは「外国人」ですから、解雇されたら在留資格を失います。つまり、3ヶ月程度で国外退去という可能性も出てきます。彼らにとって「解雇」と「出場停止」では、それこそ天と地とも違う処分です。本当にそのことをコメンテーターは分かっているのでしょうか?

ドーピングはスポーツのルールとして許されないことです。
しかし、そのペナルティーは相応なモノでなくてはなりません。

ペナルティーはルールとともにあるもので、恣意的に運用されてはいけません。

「(吸っていないと)嘘をついたのがいけない」という意見もありますが、そもそも「ペナルティが妥当なら」嘘をつくインセンティブもないのでは?「永久追放」の可能性があれば、嘘をついた方が損には成らないはずです。また、法廷闘争の話が出てくるのも、そもそも「永久追放」だからで、これが相応のペナルティーだったら、司法ではなくCAS(スポーツ裁定仲裁機構)に提訴されるはずです。(我那覇選手のケースですね)

相撲協会については「閉鎖的」という批判もあります。しかし、(例えば飯干発言にみられるように)「分かっていない人」(分かるとは、何でも許すということではなく、相応ということが分かることです)が過剰な発言をするとき、それを恐れる反応とも考えられます。(だから、閉鎖的でよいとは言えませんが)

今回についての私の意見は以下の通りです。

○ドーピングについては、「解雇」ではなく「出場停止」が望ましい。
○裁定については、理事会と独立した「裁定委員会」(をつくる)が行うことが望ましい。

相撲界のペナルティの雑さは、朝青龍の時にも見られました。
朝青龍のペナルティには問題があるという記事はこちらです
とにかく相撲については、相撲協会内部も、相撲協会外部も(横綱審議委員会の存在も含め)、「相応な議論」がかけています。それが日本的といえば日本的ですが、これを是正しなくてはなりません。

さて、一番最初に戻りますが、「外野の無責任な発言を垂れ流す」ことについては、ワイドショートはいえ許されないと思います。また、そういう人たちの発言をただせない司会者の勉強不足(今回は福沢アナ。みのもんた氏も同様)も問題です。
こんな番組をつくっている限り、(より多様な意見をチェックできる)インターネットに勝てるはずがありません。(あ、最後は論旨がずれている・・・)

続きを読む


posted by BLC at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

まずは1勝。そして次は・・・

守備固めに入った元気な選手が失点の原因になってはなあ・・・

今日の試合、一番の好材料はFW2人の目処が立ったことですね。
前回、オマーン戦のムービングポストと異なり、今回はあまり中盤との距離を詰めず、「柳沢」のようなサイドへの素早い開き(田中)と、「鈴木」のような体を張ったファウルゲット(玉田)で、ゲームを支配しました。

何となく、時計の針が戻ったような試合でしたが、最終予選のリアリズムの前では致し方なし。

後はあまりにも酷かった2失点については、むしろ修正のための緊張感と考えたいです。そうでないと、あの苦労したフランス予選の第一戦(ウズベキスタンに6−3。4点取りながら拙い守備で混戦に)を思い出してしまいます。

さて、日本は次の試合お休みです。
次の対戦相手、ウズベキスタンはホーム(タシケント)でオーストラリアと対戦。
ここでウズベキスタンが敗れれば、日本戦のモティベーションが下がるのは必至。
逆にオーストラリアが負けるのであれば、それはそれで宜しいのではないでしょうか。やはり初戦の1勝はチームに余裕を与えます。

そして、日本の次の試合は10月15日のホームです。
実は、FIFAが設定する国際Aマッチdayは10月11日と15日。前の週のリーグが終わってヨーロッパ組が合流しても、試合まで1週間程度の合宿が組めます。(既に9日は新潟で事前合宿)

シッカリした準備で、次の試合に臨みたいものですね。

posted by BLC at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリスト監督に応えたリアリスト選手(85分まで) バーレーン2:3日本

もう、何も書くことはないくらい「ゲームを潰しに行った」日本でした。

最後の20分の逃げ足みたいなことを試合前プレビューで書きましたが、残念ながら最後でゲームを潰しきれず。その点が非常に残念でした。監督は怒っているだろうなあ。

なにせ岡田監督は試合前から盛んに「コンセプトをまもる」と発言しておりましたが、もうプレスからなにから全員だまされました。(なにせサッカーマガジンなどは、そういう質問で1P使っていましたからね)
そうやって、慎重に刻んでいった時計を、最後の最後で選手が守りきれなかったんだから。

それでもアウエイの勝ち点3は貴重。
最高の結果でした。

ある意味で、このリアリスティックな戦いは「安心」を与えてくれました。あれが「日本のやりたいサッカー」だとしたらガッカリですけどね。


ちなみに、今回は角沢公害を避けるため、音声をBSにしておいたのですが、それが最悪!
「3点目」しか言えないワンパターン実況で、それに合わせるように山口氏の解説も劣化し、最悪でしたよ。ほんとうに何故、この試合だけは「山本で」と思わなかったんでしょうね。
良い選手を使うのは岡田監督だけではく、NHKだって考えて欲しかった。お願いします。

posted by BLC at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリストの前半 バーレーン0:2日本

先発には、阿部のサイドバックと、前線4人にドリブラーを揃えたメンバー。
岡田監督は明らかに「リアリストとしての選択」をしたように思います。
フリーキックにサインプレーを多用するところを見ても、「岡田さんはこういう風に点が取りたいんだ」という意志が伝わってきました。 実際、9分の阿部、内田の両サイドのチャンスでも切り込まないなど、安全第一の試合の進め方。

さて、30分前後に気がついたのですが、日本のユニフォームが相手選手に比べると、乾いているのです。
アディダスのユニフォームが優秀なのか、それとも選手が無理に動いていないのか、相手選手の呼吸が荒いのに比べると、明らかに「走っていない」余裕が感じられます。

ただ、ここからは長谷部か、遠藤のポジション取りが非常に甘くなり、中盤で相手選手を簡単に振り向かせ始めたため、相手にペースを握られます。
解説の山口さんは「大丈夫」っぽい話をしていましたが、あの位置でフリーでドリブルをさせるなど、一番悪いパターンではないですか。

私は(個人的な思いですが)長谷部と遠藤のダブルボランチはどうしても納得できません。
スピードのない遠藤と、当たりの軽い長谷部では、どうしても相手にセカンドボールを支配させてしまう。更に相手の中盤にDFラインから入る縦のパスに対して(特に右サイド側だから長谷部?)、位置取りが悪いのが気になります。

さあ、後半です。
早めに中盤の守備を立て直せるように期待しています。

出来れば早めに今野あたり(あるいは憲剛?)を出して、遠藤を一つあげるなどしてほしいなあ。

posted by BLC at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

常に相手の立場で考えてみる

何だろう、この盛り上がりのなさは・・・。ワールドカップの最終予選の初戦を前にして、パラリンピックよりも低い関心。(パラリンピックが悪いわけではありません。人間の価値としてパラリンピックは上かも知れません。ただ、スポーツとしての価値はと思うと、サッカーの価値が・・・)
宇都宮さんも指摘しているとおり、この関心のなさこそが一番の敵かも知れませんね。

そういう訳で、あと24時間を切った段階で、もう一度書き込みをすることにしました。

さて今日のバーレーン戦、どうなりますでしょう。

実は私の周囲の空気も「ぬるい」んですね。皆、もう代表にクラブほどの愛情(と憎悪)を感じられないのかも知れません。
実際、私もアルビレックスのJ2落ち危機の方が、ワールドカップの予選落ちの方が厳しいですもの。
そういう風に、人は立場によってしかモノが見えないのかもしれません。

で、本題です。
西部さんが試合前に素晴らしいレビューを書いています。
題して『もし、自分がマチャラ監督だったら』

つまり、日本を相手に戦ったら、どう戦うか?これは面白いお題ですね。
西部さんの仰ることは、まさにその通りです。
逆に言えば、日本もこれは分かっているはず。そうすると、田中達、玉田のターンからの縦への突破。そして(数は今までより極端に減りますが)、サイドバックがチェンジオブペースのドリブルでゴールラインまで切り込んでのマイナスの折り返し。たぶん、試合の中で左右2度くらいのチャンス。こういうチャンスを創れたら・・・。

今日は徹夜で応援です。

posted by BLC at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

マナマはもっと暑い(熱い)のだ!

ふと気がつけば、東京に戻ってから一切、ブログを更新していないことを発見。
正直に言えば、東京の暑さにあたってしまいました。十日町などは夕方に吹く風が気持ちよく、また日中との温度差でぐっすり眠れるのですが、東京は昼間が暑いだけでなく、気温が下がらない。
快眠のコツは「温度差。特に夜、体温がシッカリ下がること」だと言います。
そういう意味で、東京に戻ってから改めて「夏ばて」に陥っています。

しかし、報道によるとマナマ(バーレーンの首都)はもっと暑くて、夜になっても30度以上だとか。
もし、これで「テレビ局の放送時間に合わせて・・」ということがあったら、恐ろしいことでした。(まあ、現地はラマダン期間なので、そういう事情もあるでしょう)

後出しジャンケンのようになるといけないので、今の内に宣言しておきますが、「ジーコの時より厳しく」、「フランス大会の時よりは楽」な抜け方になると思います。つまり、「グループ内で2位抜け」だと思います。
この位置というのは、1敗3引き分け(勝ち点6を失う)か、2敗1引き分け(勝ち点7を失う)の間ではないかと思います。

日本は組み合わせ的にも、日程的にも、決して厳しいものではありません。そうすると、結局は実力に勝るチームが勝つ確率が高いからです。もちろん「確率」なので、現実には、「確率の低いこと」が起きるかもしれない。それでも、この時期、この組み合わせで10回やったら、その内7回までは日本が2位以内に入っていると思います。

ジーコのチームより厳しいと思っているのは、「日本での試合の方がプレッシャーがかかって」と某選手に言わしめるぐらい、「ジーコのチームは、比較的アウエイを苦手にしていない」からです。そのチームに比べると、アウエイに強さを感じない現代表には不安を感じます。

ただし、それでは日本が駄目かということではないです。
明らかに日本の実力は「アジアでも1、2を誇る」ものだと思います。
2000年アジア大会の快進撃以来、アジアのチームで対日本戦に「徹底した日本対策を打ってこない」チームは「韓国とオーストラリアくらい」のものです。

この大会の真価は、「日本対策」を日本が打ち破れるか、にあります。
得点力不足も、かなりの部分が「日本対策による退いて(サイドをえぐらせない)、中央を固める(FWにリズムをつくらせない)相手の守備」に因るからです。

その対策が「ムービングポスト」(勝手に命名)だと思います。ただ、これも決定的に崩せるとは限らない。
ここに両サイドバックが一番最後に絡めるか(相手をえぐってセンタリングが出来るか)と、中距離のシュートを自分のリズムで打てるかの、2点が勝負になると思います。

コンディションにもよりますが、長友、内田、駒野(この内の2人)と、遠藤が今日の試合の鍵だと思っています。
また、疲れていない最初の20分で相手のDFラインを混乱に導けるか、そして最後の20分に逃げ足を持っているか、も鍵です。

予想?

「勝つ」に決まっているじゃないですか!
      ↑
     「確率」と言っておきながら・・・。

posted by BLC at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

光の館、星の降る里

今、関東圏の天気はおかしくなっています。あまりにも不自然。
崩れたバランスを取り返すべく、私は今、十日町の「光の館」に来ています。
click → close this window

開け放たれた天窓から見える天の川と、遠く聞こえる虫の音は、人の心のバランスを整えてくれます。

新潟は観光地としては驚きのない平凡な土地です。
でも癒しの地としては、どこにもないすばらしさを持っています。

さて、そのすばらしさをお伝えしたいのですが、来る途中のタクシーに携帯を忘れてきてしまい、写真が撮れません。
十日町市が提供している写真で我慢してください。
光の館(外観)

光の館(アウトサイドイン天井)

光の館(浴槽)

ちなみにE−mobileは使えます。

 

posted by BLC at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺抄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

ネーミングの妙「健康家族」

会社名(ネーミング)って「自分は誰だ」ということを示すためにある!
・・・・って思いこんでしまいますね。

「当たり前だ!それ以外に何のためにあるのだ」と思われると思います。
かくいう私の会社も[Brand]+[Logistics」、つまりブランドの後方支援を行う会社、という意味です。

 

実は、いま「健康家族」という通販会社(「健康にんにく卵黄」などの商品でお馴染み)の通販番組を見ていたら、同社の社長が登場して、こう発言。

社名の意味は、「家族全員が健康になって欲しい。その気持ちをストレートにつけました」とのこと。

もちろん、これは健康家族のPR番組での発言です。
しかし、「お客様の成長」を名前に出来るって、ブランド2.0的で実に素晴らしい。

「ウチの会社はこうだ」
「ウチの会社の得意はこれだ」
「ウチの会社の事業はこれだ」

こういう名前はありますが、「お客様にこうなって欲しい」という表現というのは難しい。
そういう意味で「健康家族」というのは、なかなかに良いネーミングではないかと思います。

Yahoo!, Googleなんかは、コレに近い名前かも知れません。

続きを読む
posted by BLC at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 不易流行通信番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

真夏の心霊スポット???「最後の教室」

既に今月初めにも記事を書きました妻有プレトリエンナーレ、「越後妻有大地の祭り2008」。
前回の「これはアートか?」の続編があるのです。
・・というか、このネタは納涼お盆特集にとっておいたのですが、忙しさですっかりアップを忘れておりました。で、今日ようやくアップ!

みなさん、クリスチャン・ボルタンスキー「最後の教室」という作品を知っていますか?

知らない方は、まず下のHPをご覧下さい。
http://park18.wakwak.com/~prospector2/works/AP09.htm

今は廃校になった学校を、一流の美術家によって「記憶」として蘇らせる。
ちょっと、ほろっとくる作品のイメージ。すてきでしょ。

さて、そのイメージをシッカリ心に刻んで「漂流する」をクリックしてください。

※ちょっと、クリックする前に・・・。
  31日には儀明劇場で、文楽人形公演「儀明遥想-はるかなるおもい-」が開催されます。
  私も観に行きます。
  で、「光の館」に泊まります。

  実は、この日、光の館にキャンセルが出たのです。そこで、ある人が急遽押さえてくれました。
  まだ、「私の友人です」とその人にお願いすれば、泊まれそうです。(今、6人くらいしか泊まらない)
  もし、興味がある方!至急ご連絡を下さい!!!

漂流する
posted by BLC at 11:35| Comment(2) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

キャラ界があつい(渋谷の片隅で、あるいはPpstpet V.4登場)

暑いですね。言いたくないけど、暑いです。
結局、お盆は家で倒れていました。目の前に広がるはずの海は、その手前の人の海にじゃまされ、ちょっと降りていく気にもなれない。更に家の回りはどこも渋滞。結局、クーラーの効いた部屋で、オリンピックを見つつ、そしてアナウンサー(実況、インタビューとも。特にインタビュアーの勉強不足は最悪)の質の低下に辟易としつつ、ひたすら体力の回復に努めておりました。

そして、今日から仕事再開。さっそく湘南新宿ラインの渋谷駅に降り立つと、そこは地方キャラのメッカ(というほど多くはありませんが)に。

まずは地方キャラではないが、東日本限定で、何となく大宮以北色の漂うスーパースター!
クリックすると拡大します
クリックすると拡大しますクリックすると拡大します

こいつの魅力は涙目なのですが、隣には新しい涙目キャラが!
クリックすると拡大しますクリックすると拡大します
群馬のキャラで、最初は「なんだこりゃ」と思っていたのですが、この「純真な目」に見つめられると、不思議と群馬が許せてしまう。やはり目力でしょうか?

目力といえば、その隣のやつも負けていなくて、
クリックすると拡大します。
会津です。「・・日本が」とか大きな事を言っています。

あと、これは岩手(平泉)だったかな?
クリックすると拡大します
地味に見えますが、なんとなく郵便貯金の「ますますくん」に似ているタッチです。もしかしたら、けっこう素性が良いのかも知れません。

そういう訳で、本題です。

いよいよポストペットにバージョン4が!
バージョン3が出てから、もう5年近く経っているのでは?
なにせ、その前のPostpet2001から、もう10年近く経っているのに、その間のバージョンアップが2回という超悠長ソフト。
実はPostpet V3までは、小出ユリ子さんがクレジットされていました(V3ではSpecial thanksだったけど)ので、今回が初めての「ぜんぜんノータッチ」ソフト。だからこそ、楽しみです。

Postpetの登場は、当時、夫婦で持っていた「インターネットは(グローバルネットワークではなく)、顔見知りのローカルコミュニケーション」というコンセプトと、「八谷和彦さん」という稀代のアーティストとの偶然で幸運な出会いでうまれたもの。(偉そうに言っていますが、私ではなく、ユリ子さんの実績ですね)
「インターネットが顔見知りのコミュニケーションツール」だとしたら、「メールは気分を伝えるものでなくては」というビジョンをまさに具現化したのがPostpetだったのです。

あれから10年。「携帯メール」という『気分を伝えるコミュニケーションツール』が登場した後の時代をポストペットがどう歩むのか?
ぜひ、この「Postpet 4 you βサービスサイト」をお訪ね下さい。

(どう歩むか?モモの事だから、ふらふらと寄り道して歩むのでしょうけど)

ついでに、「せんとくん」について。

続きを読む
posted by BLC at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。