2008年03月05日

中国茶「初級インストラクター」を取得しました。

個人的なことになりますが(まあ、ブログはそういうものですが)、日本中国茶普及協会の認定「初級インストラクター」に合格しました。

「初級」と侮る無かれ。なにせ講習会は全部で24時間(4日間の集中講義)、8万円も費やし、試験も「学科」、「小論文」、「実技」と丸一日。また、この試験が難しい。

本当にほっとしています。(最近、ブログの書き込みが減っていたのは、結果が出るまで落ち着かなかったため)

ただ、それだけのことなのですが、個人的に大変嬉しいことなので、書き込みました。失礼。



posted by BLC at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 身辺抄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コイデさんご無沙汰してます。鎌倉駅前でばったり会って以来ですから、数年経ってますね。当方も厄年を迎え、なぜだか鶴岡八幡で厄よけしてまいりました。個人的には”こーざんもーほー”が好みです。(変換がめんどいので仮名表記)それとこのお茶に対する蘊蓄はご辞退申し上げます。(コイデさんが絡むと長そうなので)と憎まれ口きいた上で失礼します。それとこの間、尾崎さんと味芳斉でばったり会いました。頭が白髪混じりのごましおで、時間を感じました。
シゲマツより
Posted by シゲマツケイスケ at 2008年03月07日 11:00
おお、おひさ!
「黄山毛峰」は中国の古典的な十銘茶にも数えられる緑茶で、安徽省が浙江省と接する辺りが産地です。この辺りは安徽省、浙江省、江西省が境を接する辺りで、浙江省の龍井(西湖、獅峰、鸛山)や、江西省の廬山雲霧、また少し北上すると江蘇州に碧螺春があるなど、中国の緑茶生産の中心地でもあります。
なお、黄山毛峰のすぐそばには祁門紅茶の産地があります。
清明節(4月5日)前後に摘んだものが珍重されます。もうすぐです。
Posted by コイデ at 2008年03月07日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。