2008年02月21日

大丈夫か中国(いや、安田君を心配すべきか)

中国代表のような試合を草サッカーではよく見る。もし、草サッカーと異なるとしたら、そこで大差がつかなかったことくらいだと思う。
最初はマックスパワーで前から仕掛けるので、試合を支配しているように見える。しかし、試合は90分ある。後半には完全にガス欠する。(実際、後半10分位しか持たなかった)
ちゃんとしたチームなら「ガス欠したなりのサッカー」を考えるが、中国の場合、ガス欠した後のサッカーのイメージがない。だから、体が流れたアフタータックルになる。
たぶん、見ている程には日本代表の選手は大きなダメージをおっていないのではないか。(除く安田君) 体がついて行っていないアフタータックルは、伸びてこないので、ダメージを減らすことが出来るのだ。

中国のサッカーは「汚いサッカー」ではなく、単なる「草サッカー」(=体力が無く、それを自覚できていない)なのではないだろうか・・・と私は思うのである。

ちなみに本当に怖いのは、意図があって伸びてくる(つまり悪質な)ファウル。今日の中国は、それさえも出来ていなかった。(ちなみに、僕はこの「伸びてくるタックル」を受けて手術に追い込まれたことがある)

確かに(最近の試合の後半を見ると)日本代表のフィジカルはアジアの中では(韓国と並び)明らかに段違いである。アジアカップのようにセントラル開催の場合は日本でも失敗することがあるが、ワールドカップやオリンピックのような長丁場の予選では、こういう点が一番の差になるのである。

残念ながら、東アジアの4チームの中で、長丁場の大会に一番不安が残るのが中国ではないか。ワールドカップのアジア最終予選に、北朝鮮が残り、中国が墜ちる可能性はかなり高いと言わざるを得ない。


posted by BLC at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。