2007年11月22日

サッカーがつまらない(U-22オリンピック代表)

オリンピックを目指すU−22(来年はU−23になります)日本代表が北京オリンピックの出場権を獲得しました。
なんとA組(オーストラリア)、B組(韓国)、C組(日本)が、いずれも最終戦を引き分けて予選突破を決定しました。そういう意味でも引き分けがいけないとは言いません。

でも、何がつまらないのかといえば「守備がつまらない」のです。

 

たぶん、Uー22代表「だけ」が、リトリート(下がった守備)を採用しています。
確かにゴール前での緊迫した守備は起こります。テレビ的には「厳しい中での貴重な引き分け」」になるでしょう。

しかし、コレでよいのか?
守備とは一番最初の攻撃なのです。
高い位置で守備をするというのは、積極的に攻撃することと同義です。

テレビの過去映像を見ていてフッと気がついたのですが、シドニーの予選も、アテネの予選も、最終予選だけでなく、その前の段階も含め、国内の試合は全ての試合で、私は国立競技場に立っていました。もう、楽勝を絵に描いたようなシドニー予選、ダメダメを絵に描いたようなアテネ予選、すべて見に行きました。オリンピック代表は「大人ではなく」、しかしその生き生きした活力が高い位置で仕掛けていく守備に繋がっていました。それが小気味よく、毎試合見続けたのです。
しかし、今回のチームはまったく見に行っていないのです。

新潟のときは「下位チームでは仕方がないよな」とあきらめていた反町さんのサッカーですが、やはりオモシロクナイのです。

今日の試合は、明らかにサウジアラビアの方が世界に通じる意識の高いサッカーをやっていたように思えます。(だからといって、サウジが行けば良かったとは思いませんが・・・。それとこれは別)
私たちは「結果だけではなく、経過も判断に加えるべき」だと思いますし、前から言っているように反町さんは(勝負師であっても)、果たしてこの年代でベストな選択か疑問です。 本番では、はつらつとした日本代表を見たいものです。



posted by BLC at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。