2007年09月09日

あまりにも過酷な・・・サウジ0−0日本

「ドリブルに対してズルズル下がる守備」「意図のないワントラップ目」という日本の欠点が、最も顕著なU-22オリンピック代表。
従って、簡単にボールをカットされてしまう。
ああ、小出はこのことを言っているんだな、と。そういう気分で見ていただけると良いような試合でしたね。

試合については、上がりっぱなしになった両翼が、かえってスペースを消して、動きを小さくするという試合でした。こうなると一人減った相手は、完全に守りをかためてしまいます。
こういう場合は、むしろ無理攻めを続ける方が、疲れた相手のミスが出やすくなります。そこで10分前からDFを一人削ってツインタワーで勝負というのも有ったのでは・・・。勝ちを狙うなら(監督の狙いが引き分けという可能性もありますので一概に言えませんが)そういう方法も有ったのでは、ということです。だって「電柱好き」な反町さんですから。

また平山を入れて力攻めする意図をまったく理解していないDFの青山君とか、どういう判断をしているのでしょう。たぶん、パワープレーが嫌いなのでしょうが、このチームはそういうチームです。

最近、A代表からU-17、U-20に、このU-22と4世代の代表を見てきているわけですが、最もチームカラーが違うチームですね。
個人の力の打開が中心のチームがU-23、しかし、その個人が勝負に行かなければ、この結果は仕方がありません。

この間、新潟に帰ったときも、「反町さんはリアクションサッカー」とみんなに評されていましたが、そういわれても仕方がありません。
新潟時代は、ほとんど攻撃は個人の突破力だよりだったのです。
協会はこういうサッカーを低く評価するから(アトランタの西野さんとか)もしかしたら、予選を勝ち抜けても、本大会の指揮は・・・・という可能性もなきにしもあらずです。

それでも、最大のライバルの出鼻をくじいたのですし、日本の力を考えれば、かなり楽になったと言える結果です。
いろいろ注文はありますが、あの気候でやるのは余りに酷。
この結果をポジティブに考えて、次の一戦に臨みましょう。
問題は、この日の消耗(というより、1週間いたことによる疲労の蓄積)。
またサウジの方は、更に厳しい状況に追い込まれました。なにせベトナムは2仕合連続のホームです。ここで足をすくわれる可能性もかなり出てきたと言えましょう。



実は、この後、カレン・ロバートの追加招集があったりして。
選ばなかったのは(昔、大久保の例でもあったように)中東で無駄な体力を使わせないためだったりして。(と妄想は膨らみます)


posted by BLC at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。