2007年09月03日

9月は「新潟展」at 六本木ミッドタウン

皆さんに何度となく紹介している六本木ミッドタウン内のコンセプトショップ「ジカバー・ニッポン」。そのジカバー・ニッポンが毎月替わりで地域のプレゼンテーションを行っていることも既にご紹介したとおりです。

そして、この9月はいよいよ
新潟展 西
が始まります。

実は、この企画には、私もちょっと噛んでいるのです。
そもそも今年の4月、オープンしたばかりのジカバー・ニッポンで
「三河武士の凱旋」という企画展を見て、そのコンセプトに惚れ込んだのがキッカケ。ちょうど、長岡のブランドづくりで悩んでいたとき。
私は「地域ブランドの鍵は顧客との接点になる売り場で決まる」と思っていただけに、ジカバー・ニッポンはまさにツボ。早速、迷惑も顧みず、ジカバーの総合プロデューサー瀧さんに無理矢理、面会を申し込んだのです。

瀧さんにお会いした翌日には、長岡商工会議所にジカバー・ニッポンを撮影した写真を送ったのですが、同時に燕商工会議所で"enn"プロジェクトに関わっている(そして、ここでも紹介した)玉川堂さんにも、紹介しました。それが4月の初旬。
そして早速メールが帰ってきて、5月1日には"enn"プロジェクトのプロデューサー明道さんと玉川さんをお連れして、ジカバー・ニッポンの瀧さんをはじめとするスタッフの方とお引き合わせしたのが5月1日。
それから、とんとん拍子で、新潟展の開催となったのです。(コイデは最初しか出てきませんけどね)

以上の経緯ですから、「新潟展」と言いつつ、主役は燕の"enn"。
ただ、"enn"のクオリティの高さは、この店にぴったりでした。そのクオリティは写真を見て貰えれば一目瞭然。しかも今回は"enn"の本格的な国内デビューですから、余計な話はせず、ひたすら写真をアップしていきます。
(全ての写真はクリックすると拡大します)

まずは入り口のメイン展示です。
     
enntop1.JPG
enntopL.JPGenntopC.JPGenntopR.JPG

更に店内の至る所に"enn"ワールドが展開されます。
ennurusi1.JPGennurusi2.JPG
ennside3.JPGennside2.JPG
ennside1.JPGDSC01948.JPG

ちなみに、"enn"のデザイナーは左合ひとみさん
そう、だから「かしこ」も全面協力です!!!
kasiko1.JPGkasiko2.JPG
DSC01963.JPGkasiko3.JPG

左合さんは31日の遅くまで、セッティングされていたようですよ。
皆さんもぜひお越し下さい。9月30日までです。



posted by BLC at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 不易流行通信番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。