2007年07月26日

負けは負けとして:アジアカップ準決勝(対サウジ)

イラクと韓国戦を仕事をしながらチラ見していました。
この韓国との対戦が見たいなあ、と思ったら、思わぬ形で実現しました。
オーストラリア、サウジ、韓国との対戦。これでイランと対戦すれば完璧な準備ですね。
・・という負け惜しみは負け惜しみとして・・・
前を向いて頑張るしかないですね。

私も、これから徹夜で仕事に打ち込みます!

なお、拙い試合の感想は「続き」をどうぞ。さて、続きです。

オーストラリア戦でも書いたように、日本の弱点はドリブルへの対応です。
日本の選手の特徴は、半歩足を下げて(半身になって)低い姿勢を保ちながら、一定の距離を保ちながら下がることです。半身になると下がるスピードが上がります。そう、最初からドリブルに対して、下がって対応するのです。そして半身の側に相手を誘い込みます。これが「ワンサイドカットによるウエイティング」です。
相手が日本の選手なら、ここでパスの相手を探します。(実際に中村憲剛などが相手のウエイティングにスピードを落としてパス相手を探しているときに、後ろから相手選手に詰められてボールを失っていました。)
特にサイドでは、タッチライン際をあけてサイドに追い込みます。サイドに追い込むと相手のパスコースが無くなってしまうからです。
しかし今回の場合、追い込んだつもりが、かえってスピードを上げるスペースを相手に与えてしまう結果になりました。

この辺りが日本人と外国人のサッカー観の差だと思います。
日本の選手は基本的に「サッカーはパスゲーム」だと思っていますから、追い込んでしまえば「一番の選択肢(パスの出しどころ)」を奪って勝ち。
ところが「サッカーはドリブルゲーム」と思っている国の人達も多いのです。ドリブルの積み重ねが即ち前進なのです。
イメージはラグビーに近いですね。ドリブルで一人が突っかける。相手のディフェンスと絡む。ボールがこぼれる。その時、最初にドリブルしたフォワードは勢い余って相手のディフェンスを巻き込んで倒れてしまう(これはファウルではありません)。その後方から別の攻撃の選手がボールを奪って前進する。これはラグビーの前進と変りません。もちろん、代表レベルではこんな拙いサッカーをしませんが、彼らが育ってきた環境では、こういうサッカーの方が当たり前という人がけっこう多いのです。
私はICUにいたおかげで、海外のサッカーのやり方を見ることができました。日本以外では、けっこう「ドリブルゲーム」派が多いのです。(読んでいないかも知れないが、サイモン君。典型的な例は君のことだよ!)


この試合をもう一度見直してください。

日本の選手は守備の時は、半身になって、一方のサイドを切りながら下がっているはず。
それに対して、相手の選手はむしろ相手のドリブルに正対して壁になろうとします。特に、フィジカル(背の高さではなく、体の太さ)に恵まれていると、この正対ポジションはいっそう効果を出します。

一方、相手攻撃の選手が一番最初に考えていることは「ドリブル」ですから、日本の選手が半身になって追い込もうとすれば、むしろその追い込む方向に突っかけていきます。つまり、タッチラインに平行に切り込んでいきます。(得点シーンを思い出してください)
それに対して、日本の選手は正対ポジションに対して縦に行かずに、内側に切れ込んでしまいます。(日本の両サイドは、個の試合でほとんど縦にえぐっていないはずです)

日本がヨーロッパの強豪国と善戦しながら、いまいちアジアで勝ち抜けない理由はここにあります。ヨーロッパのチームは、しっかりとパスを繋ぐ(つまり、パスゲームにプライオリティがある)ので、日本のディフェンスの意図にハマルため比較的、善戦になるのです。
また、南米に苦戦するのは、彼らのドリブルが半身で切ったコースを(逆を着いて)抜けてくるため、ディフェンスが完全に置いて行かれるからです。


そういう訳で、「フィジカルの差」とか、「個の力」というのは、より細かく見れば「パスゲームvs.ドリブルゲーム」、「半身の追い込みディフェンスvs.正対の前進を阻むディフェンス」の差だと言えます。

更に言えば、日本のディフェンダーは正対ポジションでの守備が非常に下手で、大切なところでファウルを犯すということになります。昔の中澤は典型的なそのタイプでした。

日本の課題が「ドリブルへの対応」であり、それは日本人の「慣れ」の問題に行き着いてしまうとしたら、Jリーグで選手を鍛えることにも限界があります。
それならばJリーグにもっと「ドリブラー」を入れれば・・と言うことになりますが、それでは各チームともサッカーが成り立たなくなるので、(たぶん日本のファンも受け付けないでしょう)これは一朝一夕に解決できる問題ではないのです。
アジアの闘いを考えた場合、中東勢はもちろんのこと、韓国、オーストラリアと、いずれもドリブルゲームを仕掛けてくる相手。
後ろ向きの解決方法ではありますが、2トップには3バックで、一人余らせないと、現在の日本のディフェンダーでは限界があるのかも知れません。

オシムが個の問題にどう取り組むか、見物です。
安全を見て3バック(正確には、ディフェンスを一人余らせて、しっかりと当たりにいくディフェンス。相手が1トップなら2バックになる)を採用するのか、それとも・・・
放り込みよりも対応が難しいだけに、オシムの手腕が問われる!と期待して次の韓国戦を楽しみにしたいと思います。
(でも、最近の韓国はパスへの志向があるんだよなあ)


えーっと、ここで追記の追記。

オシム監督のインタビューが入りました。曰く・・・
どういうシーンで失点したかを分析しないといけない。もう一つ、われわれはリスクを冒してプレーしていたということだ。だからリスクを冒すということは、失点する確率が高いということだ。相手の2トップに対して、2人のストッパーで守備を長い時間続けたわけだ。そのリスクを冒すことで、もう一つ別のポジションでフリーになる選手が1人出てくる、という考え方だ。それがプレーメーカーだったり、素晴らしい選手だったりするわけだが、逆にリスク回避してリベロを置く、つまり3ストッパーを相手の2トップに付けるとするならば、中盤での数的優位を失われることになる。そのどちらを選ぶかだが、私は今のサッカーの信奉者である。


そうか、確信犯か・・・。
でも、そうすると「正対ポジションで確実に相手を止められるディフェンダーが必要になる」のですね。今のメンバーでは、中澤だけか。センターバックの問題はかなり尾を引きそうな気がします。
あと、たぶん中盤の数的優位は人数ではなく、突破力で解決すれば良いわけで、水野や家長が成長してくれれば問題なく3バックも選択できるはず。
センターバックが早いか、数的優位を作り出せるドリブラーが先か・・・。
ワールドカップ最終予選まで残りは2年を切っています。
個人的には日本で数少ない「正対ポジションで守れるセンターバック」松田直樹の奮起を期待したいです。


posted by BLC at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パスゲームとドリブルゲーム。
そしてそれに対する守備・・・。
いずれも、自分には、初めての視点でした。
勉強になりました。
Posted by narito at 2007年07月26日 10:56
試合後のブログを見ると「パスゲームvs.シュートゲーム」という書き方が多く見られます。
日本の攻撃で言えば、「とにかくシュートが少ない」(ロングシュートを打たないと、正対ポジションのディフェンスを崩すための裏スペースをつくれない)と言えます。

しかし、日本の守備に関しては、「パスゲームvs.シュートゲーム」の前に、「ドリブルで崩された」ことが最大の敗因。ここの「何故?」をきちんと認識していないと前に進みません。

また、「何故、彼らがシュートゲームに持ち込めたのか」と考えるとき、「ドリブルからシュートに持ち込むリズム」と「パスからシュートに持ち込むリズム」の差も考えないとなりません。そうすると、ミドルシュートでも(自らドリブル)、FWが良い体制でシュートを打つためにも(ラストパサーのドリブル)、ドリブルは必要なアクセントです。

ドリブルはリスクが大きい(特に日本選手がドリブルで抜ききれないので逆襲のリスクが他チームより大きい)プレーです。
日本の場合、ディフェンスラインにリスクが織り込まれている(一人余っていない)ために、かえって前方のリスクチャレンジを阻害したのではないか、とさえ思います。

ちなみに私個人は、阿部、中澤、レッズのDF1名の3人で、相手が2トップならこの3人で中央を守り、相手が1トップなら阿部を中盤に上げるという既に確立した形が安定していると思いますし、オシムもそう考えたはずです。
オシムは、それをあえて選択しなかった(何らかの学習機会としたかった?)訳ですから、批判を受けても当然だし、彼もまた当然だと思っているでしょう。

ちょっと不思議なのは、普段やれ「3バックだ」、「4バックだ」という議論が、今回はあまり出ていないこと。
オーストラリアの場合は、DFラインと中盤で挟む必要があったから、フォアリベロ(DFラインの前に一人余る)的な考え方もあったと思うのですが、ドリブルが主体になる相手には、やはりDFラインの背後に一人余らせるべきでは・・・。単純に「個に負けた」と言うのではなく、個に勝つ組織ディフェンスもあったと思います。

しかし、(しつこうようですが)オシムはこの3バック(場合によっては簡単に2バックに変更できる)を試して成功している(前回のサウジ戦等)のだから、今回の4バックには彼のメッセージが込められているはずです。
そのメッセージは何か?
この辺り「日本人はなぜシュートを打たないのか」の著者、湯浅さんや、オシムウォッチャーの西部さんに読み解いて貰いたいですね。
Posted by コイデ at 2007年07月26日 12:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。