2007年07月22日

記録上は引き分けです。アジアカップ準々決勝 対オーストラリア戦

(今日はお休みの日なので、またブランドの話ではありません)

「1年前のリベンジ」とも「これからの3年を決める」とも言われた一戦。
ドリブルへの対応に難のある日本の守備陣(このあたり、韓国がついてきたら怖い気がする)に対して、簡単に蹴らず、厳しい攻めをするオーストラリア代表。しかし、5番が効果的な顔出しをするものの、全体的な押し上げは枚数不足。そのため、ほとんど「怖い」と感じさせる攻めができません。

一方の日本代表も、せっかくの2トップがボールの収まりどころにならない。ふと、こういうときに鈴木隆行は実に巧い体の張り方をしていたなあと思い出しました。2001年、コンフェデレーションカップで、豪雨の中での中田の決勝FKをお膳立てしたのは鈴木隆行のファウルゲットでした。
高原と巻は得点シーンの時こそ素晴らしかったものの、残りのほとんどの時間は効果的な絡みができず。この二人の疲労が気になります。

試合としては両チームの得点がちょうどエアーポケットのような時間帯となっただけで、後は実力が伯仲する者どうし膠着状態が長く続きます。
確かに日本には決定的なピンチがなかったものの、日本の方でも決定的なチャンスをつくれず、とうとう延長まで闘います。

延長は「後半の残り5分まで焦らして相手を疲れさせ、そこでトドメを刺すつもりなのか」と思えるくらい、日本は最後までリスクを冒さないサッカーを続けました。もしかしたら、「リスクを冒して得点を与えるくらいならPKでも良い」と思ったのではないかと疑るほどでした。
こういうボール回しをすると必ず1回は出る安易なバックパス(今回の大会でも何回か見られました。一番最悪なのは、2002年のトルコ戦のCKの原因をつくったプレー)も見られず、こと守備に関しては、ここ数年で最も不安を抱かずに見ることができました。

さて、結果ではなく全体を見てみたいと思います。
確かに得点はできませんでしたが、引いて守る相手に対しての対応が、この数試合でだんだん整理できてきたように思えます。
日本がアジアで闘う限り、今回の大会に見られる「コンディション(気候やピッチ)」、「審判」(今日は味方に?)、「引いて守られる」は常につきまとうもの。
それに対して、リスクを徹底してコントロールする(クロスさえ簡単にはあげないので、相手はまったくノーチャンス)方法は、完成したときはアジアの他国を恐怖に落とすのではないでしょうか?
これが残り2試合で決まったら、2000年の優勝時よりも更に、各国は日本に恐怖を感じるのではないでしょうか。

さて、次は準決勝。
守備(攻撃時のリスクコントロールも含めて)の安定は更に増でしょうから、問題は得点だけ。
寿人がやってくれるような気がします。
(矢野と言いたいが、それは無理だろう)


追記:遠藤のPKはたぶんGKへの意趣返しだと思う。あのGKは遠藤のチップキックでのシュートをキャッチした後、指を左右に振って「ちっちっち、そんなんじゃ入らないよ」みたいな仕草をしていました。たぶん、もっと元気だったら、やまなりループをGKの真っ正面に打っていたのでは?!


posted by BLC at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。