2007年02月20日

第8回:オリエンタル派(1)

この特集は、『不易流行通信』で採り上げたドイツのロゴの写真をカラーで掲載したものです。従って、事前に不易流行通信の最新号"FR200609.pdf"をダウンロードされることをお奨めします。
なお、各写真をクリックすると拡大します。

このシリーズも、間欠的に続けてきましたが、いよいよ最後のオリエンタル編です。
本誌の11頁の左にあるロゴを掲載します。


欧米がアジアに出会ったとき、ロゴには2つの流れが生まれました。
一つは、フォントのバリエーションの拡大。簡単に言えば「墨文字」です。
もう一つは、マークの非文字化。などと難しい言い方をしましたが、簡単に言えばアルファベットを使わずに、意味をそのまま紋章にしたものです。
まずは、フォントの墨文字化を見てみましょう。

P1000832.JPG
これが今回見た中で、一番菅らしいフォントづかいでした。

P1010118.JPGP1010093.JPG
この2つは、最近増えている感じがします。
左側はファッション系の店に増えています。一方、右の書体はコンピュータ&コミュニケーション(なにかNECみたいですが)に多いタイプです。

最後は、実はスペインのものですが、タッチが素敵なのでここに載せます。
P1010168.JPG

実は最近、繊細でかつ自由な書体が好きなのです。
こういうものに影響を受けているからでしょうか?良寛の書です。
404x_souan.jpg


posted by BLC at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Logo in Deutschland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。