2006年01月11日

おしかりを受けました。

このブログをご覧になっている方から、「更新を!」というリクエストを頂きました。
著書で「毎日、ブログを書け」と言っているのに何事か・・と思われるのかも知れません。
言い訳になりますが、1月から再開します『不易流行通信』というのは、1頁当たりの文字量が単行本3頁に相当する密度の濃いもの。しかも、読者の読解力を高めに想定していますので、『ガバガバ・・・なら1頁まるまる使って説明することを、ほんの3、4行で書いてしまっています。しかも、初稿から数えると(文字校正まで含めると)5〜7校くらいまで推敲を繰り返します。

これをブログで展開しようとすると、文字量が最大のネックになります。

不易流行通信は印刷物ですから、たとえ長くても読みやすいように編集が加えてあります。
単に内容の編集だけではなく、体裁を整えて長い文章を読ませる工夫が、そこには詰まっているのです。

書き手の我が侭として、「一番良い形で読んで貰いたい」というのがあります。その条件を今のところ、今の私のBLOGテクニックでは満たしていないのです。

そういうわけで、今月の25日に、いよいよ再開第一号を配布いたします。
こちらをご期待ください。

   コイデ拝


この記事へのコメント
Blogでははじめましてです。
印刷物とblogの差にだいぶ悩まれてますね。私も個人的なblogとメルマガ発行を続けていますが、同じ電子データのテキストなのに二つのメディアでは表現に差があることを実感しています。

一番大きな差は、
メルマガ=編集されたテキスト
blog  =ライブ感の強いテキスト

ではないかと思っています。

差があるメディアなのですから、不易流行通信とblogでは全然ちがうものにしちゃえばいいんじゃないかと思いますよ。

気楽さ、それがblogの命ではないでしょうか(^-^)
 
Posted by sakamaki at 2006年01月16日 20:03
「気楽」というのがくせ者で。

ついつい気を抜いた文を書いちゃうんです。
そうすると、後で落ち込むんですよ。

ちなみに「紅屋重正HP」は奥さんが、もう半年以上、毎日BLOGを更新してます。

頭が下がりますよ。
Posted by コイデ@BLOGおさぼり中 at 2006年01月16日 22:42
Blogによって目的性はありますが、小出さんには不易流行通があるから普段のBlogは気をぬいてもいいかと思いますよ(^^;
 
Posted by sakamaki at 2006年01月17日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。