2008年09月07日

リアリストの前半 バーレーン0:2日本

先発には、阿部のサイドバックと、前線4人にドリブラーを揃えたメンバー。
岡田監督は明らかに「リアリストとしての選択」をしたように思います。
フリーキックにサインプレーを多用するところを見ても、「岡田さんはこういう風に点が取りたいんだ」という意志が伝わってきました。 実際、9分の阿部、内田の両サイドのチャンスでも切り込まないなど、安全第一の試合の進め方。

さて、30分前後に気がついたのですが、日本のユニフォームが相手選手に比べると、乾いているのです。
アディダスのユニフォームが優秀なのか、それとも選手が無理に動いていないのか、相手選手の呼吸が荒いのに比べると、明らかに「走っていない」余裕が感じられます。

ただ、ここからは長谷部か、遠藤のポジション取りが非常に甘くなり、中盤で相手選手を簡単に振り向かせ始めたため、相手にペースを握られます。
解説の山口さんは「大丈夫」っぽい話をしていましたが、あの位置でフリーでドリブルをさせるなど、一番悪いパターンではないですか。

私は(個人的な思いですが)長谷部と遠藤のダブルボランチはどうしても納得できません。
スピードのない遠藤と、当たりの軽い長谷部では、どうしても相手にセカンドボールを支配させてしまう。更に相手の中盤にDFラインから入る縦のパスに対して(特に右サイド側だから長谷部?)、位置取りが悪いのが気になります。

さあ、後半です。
早めに中盤の守備を立て直せるように期待しています。

出来れば早めに今野あたり(あるいは憲剛?)を出して、遠藤を一つあげるなどしてほしいなあ。



posted by BLC at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。