2008年09月06日

常に相手の立場で考えてみる

何だろう、この盛り上がりのなさは・・・。ワールドカップの最終予選の初戦を前にして、パラリンピックよりも低い関心。(パラリンピックが悪いわけではありません。人間の価値としてパラリンピックは上かも知れません。ただ、スポーツとしての価値はと思うと、サッカーの価値が・・・)
宇都宮さんも指摘しているとおり、この関心のなさこそが一番の敵かも知れませんね。

そういう訳で、あと24時間を切った段階で、もう一度書き込みをすることにしました。

さて今日のバーレーン戦、どうなりますでしょう。

実は私の周囲の空気も「ぬるい」んですね。皆、もう代表にクラブほどの愛情(と憎悪)を感じられないのかも知れません。
実際、私もアルビレックスのJ2落ち危機の方が、ワールドカップの予選落ちの方が厳しいですもの。
そういう風に、人は立場によってしかモノが見えないのかもしれません。

で、本題です。
西部さんが試合前に素晴らしいレビューを書いています。
題して『もし、自分がマチャラ監督だったら』

つまり、日本を相手に戦ったら、どう戦うか?これは面白いお題ですね。
西部さんの仰ることは、まさにその通りです。
逆に言えば、日本もこれは分かっているはず。そうすると、田中達、玉田のターンからの縦への突破。そして(数は今までより極端に減りますが)、サイドバックがチェンジオブペースのドリブルでゴールラインまで切り込んでのマイナスの折り返し。たぶん、試合の中で左右2度くらいのチャンス。こういうチャンスを創れたら・・・。

今日は徹夜で応援です。



posted by BLC at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。