2008年08月21日

真夏の心霊スポット???「最後の教室」

既に今月初めにも記事を書きました妻有プレトリエンナーレ、「越後妻有大地の祭り2008」。
前回の「これはアートか?」の続編があるのです。
・・というか、このネタは納涼お盆特集にとっておいたのですが、忙しさですっかりアップを忘れておりました。で、今日ようやくアップ!

みなさん、クリスチャン・ボルタンスキー「最後の教室」という作品を知っていますか?

知らない方は、まず下のHPをご覧下さい。
http://park18.wakwak.com/~prospector2/works/AP09.htm

今は廃校になった学校を、一流の美術家によって「記憶」として蘇らせる。
ちょっと、ほろっとくる作品のイメージ。すてきでしょ。

さて、そのイメージをシッカリ心に刻んで「漂流する」をクリックしてください。

※ちょっと、クリックする前に・・・。
  31日には儀明劇場で、文楽人形公演「儀明遥想-はるかなるおもい-」が開催されます。
  私も観に行きます。
  で、「光の館」に泊まります。

  実は、この日、光の館にキャンセルが出たのです。そこで、ある人が急遽押さえてくれました。
  まだ、「私の友人です」とその人にお願いすれば、泊まれそうです。(今、6人くらいしか泊まらない)
  もし、興味がある方!至急ご連絡を下さい!!!

 

(これ以降の写真はクリックすると拡大します)

私は、この作品に「たった一人で」入りました。

もう、ここはどんなお化け屋敷をも超えた、ホラーランド。
私は、もう二度と入りません。
fukutakeplatte.JPG
福武会長様、なにゆえ・・・・

 

まず、このうち捨てられた外観のところに、たった一人で入っていくのです。

haiko.JPG

なお、これからの写真は、ほとんどが先に紹介した
http://park18.wakwak.com/~prospector2/works/AP09.htm
の中にある写真です。
どれとどれが同じ場所か、考えながら私の恐怖を追体験してください。

 

この写真の何処かに禍々しいものが写っています。
gazounomannakaniJPG.JPG

保健室の前に、何か動くものが・・・。
hokennsitunomawarini.JPG

今、なにか音がしませんでしたか!
imananika.JPG

この下に、たくさんのタマミちゃんが・・・
konositanitamami.JPG

そして、最後の「理科室」。
教室の壁全体に浮かび上がる、無数の額縁、その向こうに一つ一つ浮かび上がるのは・・・
yaminiukabuboureitati.JPG

 

いや、本当にちゃかすつもりは無いんですが、正直ボルタンスキーが何をしたかったのか分からない。
本当はもっと怖いスペースがあったのですが、もう逃げ帰ったので、カメラの操作を間違い撮れなかったものがたくさん。

ぜひ!一人で行ってください。

涼しくなります。

最後の教室ではなく、「漂流教室」・・・(まあ、言うとは思ったでしょ)



posted by BLC at 11:35| Comment(2) | TrackBack(0) | デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボルタンスキーは骨太が作品を作りますよね、ちょっと日本人の感覚ではそこまで表現できないとおもいました。
視覚聴覚だけでなくて、嗅覚(床に敷き詰めら他干草の匂い)まで刺激してくれます、私の携帯の待ちうけはボルタンスキーですよん。
Posted by ヨリフジ at 2008年08月23日 10:39
いやあ、このボルタンスキーの作品が、例えば新宿副都心にどーんと出てきたら・・・。あるいは、横浜トリエンナーレの作品だったとしたら、僕は無条件で大絶賛します。
特に学校を巡る問題が大きい中で、ジャーナリスティックな注目も浴びると思います。
これにインスパイアーされた諸作品も生まれると思います。
やはり、「横トリ」向きなんですよ。

それに対して、妻有には「脱皮する家」とか「松之山温泉の看板」(by 浅葉克己)とか、あるいは「うぶすなの家」とか、もっとおおらかな作品。「人間なんて、世界の大きさに比べてどれだけ小さいんだろう。でも小さいことも楽しい」という作品がメインにあるような気がします。

それを考えると、妻有の中でボルタンスキーはナンバーワンではないと・・。(でも、オンリーワンだから良いのか)

実は、そこのボランティアのおじさんに聞いたのですが、あまり再訪がない作品のようです。
繰り返しになりますが、あの作品は横浜や東京にあるべき作品だと思います。
Posted by コイデ at 2008年08月23日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。