2008年06月29日

岡田ジャパン独特のポストプレー(図解解説入り)

今回は気合いが入っていますよ。(なにせ、総図解入り記事ですから) 

オマーン戦の戦評、あるいはユーロの戦評で、何回か「岡田監督には(トルシェにもオシムにもない)独自のポストプレイがある」という事を述べてきました。
今回は、それを解説したいと思います。

なお、この記事はちまたに多い「お父さんコーチ」に捧げます。
サッカーの戦術とは、選手の並び方を数える(4-5-1が良いとか、3-5-2が良いとか)ことから始まるわけではありません。選手が動きの中で、どう体を使うかが一番の基本。その体の使い方から来る戦術です。

なお、あまりにも長いので、全文は「追記」の方にまわしますが、いちおう「こういった図入り」で書いています。

クリックすると拡大します

基本的にサッカーに興味のない人には、ぜんぜんオモシロクナイ内容ですので、以下は全て「追記」に回します。
もし、サッカーに興味があったらぜひご覧ください。

※以下の図は全て、クリックすると拡大します。

ポストプレートは、比較的後方でのボール奪取でも相手のDFラインを押し込み、早い展開からゴールを狙う戦術です。
(単純なパターンは、オマーン戦の中村俊輔→ツゥーリオ→大久保のゴール)

日本はトルシェ監督以来、戦術的な導入が進み(それまでは、システマティックという意味でのポストプレーではなく、パワープレーに近い)、代表的な戦術になっています。
オシム監督は、サイドチェンジと並び、かなり多用した戦術です。

  クリックすると拡大します

 クリックすると拡大します

しかしポストプレーは、本当に日本に合うのか?という疑問はあります。
なぜならポストプレーで重要なのは「高さ」ではなく、「プレッシャーでボールを失わないフィジカル+技術」です。
それを満たす日本の選手はいません。(大久保は明らかに違うタイプ。高原が一番近かったが調子を崩している)
結果、以下のように、むしろ相手のプレッシャーの餌食になっています。

クリックすると拡大します

その原因が、前から指摘している「ボール保持者に向かって、真っ直ぐポストプレーヤーが下がってしまう」ことにあります。
それが、どういう問題を起こしているか、如何に記します。

クリックすると拡大します

ここからは推察です。
岡田さんはポストプレーを含んでいるオシムさんの戦術は、日本には合わないと思ったのではないでしょうか。
オシムさんが巻、高原、我那覇、矢野など、ポストが出来る選手を選出しているのに対して、大久保、玉田など、ポスト型でない選手を選考の軸にしている点からも、それが伺えます。

では、岡田さんが考えるポストプレー(つまりFWにボールを預けるプレー)とはどういうものでしょうか?
それを図にしてみました。

従来のポストプレーと違うポイントは
1)パスの出し手とポストの「短い距離」と
2)「ポストの動きだし」にあります。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

こう考えると、岡田さんは岡田さんなりの「日本に適したサッカー=考えて走るサッカー」を模索しているわけです。

ただし、岡田戦術には問題もあります。

一つ目の弱点は「コンビネーション」です。
ポストの「斜め後ろへの動き出し」は、本当に「パスが出されるギリギリ前の瞬間」でなくてはなりません。
日本代表の試合を見ていると、後方から前の選手への「何で?と思うようなタイミングの合わない縦のミスパス」が見られますが、それはポストの動き出しが「ギリギリまで待たなくてはならない」からにあります。(早く動いたら、まったく意味がない)
ですから、完成までに時間が掛かってしまいます。

ちなみに、子供達を教えている素人コーチの皆さんに申し上げると、この時の「ギリギリのタイミング」でFWがどちらに動くかを判断させるテクニックに「指サイン」があります。
方法は簡単。
ポストの選手がおなかのあたりで「親指で本当は自分が動きたい方向を指さす」という方法です。
おなかのあたりだと、自分をマークしているDFには見えません。
親指で方向を指すのは、人差し指に比べると実は楽。しかも、右手で出すだけでなく、左手でも出すことで、相手のマーカーは全く読めなくなります。
ぜひ、普段の練習から子供達に教えてあげてください。

第二の弱点はもっと深刻です。
それは、「この崩しだけでは、ボールをより前方でキープできても、シュートまで持って行けず、流れの中での得点不足という日本の弱点は克服できない」ということです。
実際、オマーン戦だけでなく、先日のバーレーン戦、そして既にキリンカップの頃から、圧倒的なボールポゼッションの割にシュートが少ない、という現実が見えてきました。

まず、岡田ポストプレーは「FWが必ず下がります」。相手に下げられる訳ではなく「自ら下がる」のです。たとえ、上記の図のようにDFラインの前の局面では優位を作れたとしても、結果としてはゴールから遠ざかるわけです。この岡田戦術はゴールから30〜40mの距離で圧倒的な効果を示しますが、その先は別の方法が必要です。

現状では「ミドルシュート」が最適なアプローチだと思いますが、日本の選手は試合中のミドルシュートの経験が少なく、今のところ解決できていません。(練習と試合ではプレッシャーが違いすぎます。プレッシャーが強いと、どうしても踏み込めず、ボールが浮いてしまいます)
このあたりはかなり深刻な問題です。

岡田監督は結構リアリストですので、「まず守備から」という考えがあり、この動かし方を採用したのだと思います。
何故なら、この動き方は
1)ボールの近くに選手が多く、相手にボールを奪われた瞬間、直ぐにボールにプレッシャーを掛けられる。
2)後方の選手があまり動かなくても良いため、決定的なリスクを負うことが少ない。
という守備の利点があるからです。

岡田監督のチーム作りとしては50〜60%の段階で、ここから「シュートへのアプローチ」を積み上げる段階に入ると思います。
ちょっと期待しています。

逆に言うと、岡田さんはバーレーン戦の敗退前から、この方向転換を図るべきではなかったか・・。というのが残念でもあります。


 



posted by BLC at 15:59| Comment(4) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田さんはゼロトップを導入したいんだと思います。
Posted by narito at 2008年06月30日 18:13
ゼロトップ?
ワーワーサッカーではなく??
Posted by コイデ at 2008年06月30日 18:42
大変勉強になります!
バルセロナのサッカーに通ずる所が
ありますね。 もっと教えて下さい!
Posted by makura at 2009年05月08日 20:23
ご覧頂き有り難うございます。
現在はhttp://arbi-de-diet.seesaa.net/に移動しております。
Posted by コイデ at 2009年05月10日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。