2008年09月07日

まずは1勝。そして次は・・・

守備固めに入った元気な選手が失点の原因になってはなあ・・・

今日の試合、一番の好材料はFW2人の目処が立ったことですね。
前回、オマーン戦のムービングポストと異なり、今回はあまり中盤との距離を詰めず、「柳沢」のようなサイドへの素早い開き(田中)と、「鈴木」のような体を張ったファウルゲット(玉田)で、ゲームを支配しました。

何となく、時計の針が戻ったような試合でしたが、最終予選のリアリズムの前では致し方なし。

後はあまりにも酷かった2失点については、むしろ修正のための緊張感と考えたいです。そうでないと、あの苦労したフランス予選の第一戦(ウズベキスタンに6−3。4点取りながら拙い守備で混戦に)を思い出してしまいます。

さて、日本は次の試合お休みです。
次の対戦相手、ウズベキスタンはホーム(タシケント)でオーストラリアと対戦。
ここでウズベキスタンが敗れれば、日本戦のモティベーションが下がるのは必至。
逆にオーストラリアが負けるのであれば、それはそれで宜しいのではないでしょうか。やはり初戦の1勝はチームに余裕を与えます。

そして、日本の次の試合は10月15日のホームです。
実は、FIFAが設定する国際Aマッチdayは10月11日と15日。前の週のリーグが終わってヨーロッパ組が合流しても、試合まで1週間程度の合宿が組めます。(既に9日は新潟で事前合宿)

シッカリした準備で、次の試合に臨みたいものですね。



posted by BLC at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリスト監督に応えたリアリスト選手(85分まで) バーレーン2:3日本

もう、何も書くことはないくらい「ゲームを潰しに行った」日本でした。

最後の20分の逃げ足みたいなことを試合前プレビューで書きましたが、残念ながら最後でゲームを潰しきれず。その点が非常に残念でした。監督は怒っているだろうなあ。

なにせ岡田監督は試合前から盛んに「コンセプトをまもる」と発言しておりましたが、もうプレスからなにから全員だまされました。(なにせサッカーマガジンなどは、そういう質問で1P使っていましたからね)
そうやって、慎重に刻んでいった時計を、最後の最後で選手が守りきれなかったんだから。

それでもアウエイの勝ち点3は貴重。
最高の結果でした。

ある意味で、このリアリスティックな戦いは「安心」を与えてくれました。あれが「日本のやりたいサッカー」だとしたらガッカリですけどね。


ちなみに、今回は角沢公害を避けるため、音声をBSにしておいたのですが、それが最悪!
「3点目」しか言えないワンパターン実況で、それに合わせるように山口氏の解説も劣化し、最悪でしたよ。ほんとうに何故、この試合だけは「山本で」と思わなかったんでしょうね。
良い選手を使うのは岡田監督だけではく、NHKだって考えて欲しかった。お願いします。

posted by BLC at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアリストの前半 バーレーン0:2日本

先発には、阿部のサイドバックと、前線4人にドリブラーを揃えたメンバー。
岡田監督は明らかに「リアリストとしての選択」をしたように思います。
フリーキックにサインプレーを多用するところを見ても、「岡田さんはこういう風に点が取りたいんだ」という意志が伝わってきました。 実際、9分の阿部、内田の両サイドのチャンスでも切り込まないなど、安全第一の試合の進め方。

さて、30分前後に気がついたのですが、日本のユニフォームが相手選手に比べると、乾いているのです。
アディダスのユニフォームが優秀なのか、それとも選手が無理に動いていないのか、相手選手の呼吸が荒いのに比べると、明らかに「走っていない」余裕が感じられます。

ただ、ここからは長谷部か、遠藤のポジション取りが非常に甘くなり、中盤で相手選手を簡単に振り向かせ始めたため、相手にペースを握られます。
解説の山口さんは「大丈夫」っぽい話をしていましたが、あの位置でフリーでドリブルをさせるなど、一番悪いパターンではないですか。

私は(個人的な思いですが)長谷部と遠藤のダブルボランチはどうしても納得できません。
スピードのない遠藤と、当たりの軽い長谷部では、どうしても相手にセカンドボールを支配させてしまう。更に相手の中盤にDFラインから入る縦のパスに対して(特に右サイド側だから長谷部?)、位置取りが悪いのが気になります。

さあ、後半です。
早めに中盤の守備を立て直せるように期待しています。

出来れば早めに今野あたり(あるいは憲剛?)を出して、遠藤を一つあげるなどしてほしいなあ。

posted by BLC at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。