2008年07月07日

「マス」メディアの終わり?!

長期的なテレビの視聴率下落がとまらないようです。
日本で唯一、継続的な視聴率調査を行っているビデオリサーチ毎週の部門別視聴率Top10を発表しています。私が広告会社に入った頃は20%越えの番組はもっと多かった気がします。
もちろん、この視聴率は「世帯視聴率」であって、現実のクライアントは「個人視聴率」を考えて行動しています。だから、深夜の視聴率10%程度の番組が、F1・M1層では30%の個人視聴率に達することもあるわけですし、世帯視聴率だけでは問題を見誤る可能性もあります。

しかし、それでもテレビの視聴率低下は確実に進んでいると思えます。
テレビ局は実質、視聴率で収入が決まるので(多くのクライアントがテレビCMを買う場合、「何本、放送するかの本単位」ではなく、「累積視聴率(GRP)が、どれくらいに達するかの%単位」で発注します。ですから、視聴率が下がることは直接、お財布に影響します。

しかし、本日触れたいのはそのマス(視聴者が多い)ではありません。
広告主の「マス」の問題です。

 

 

続きを読む


posted by BLC at 13:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 不易流行通信番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。