2008年06月08日

順当な内容、想定内の結果

日本1−1オマーンでしたね。
TBSは煽っていました(それは視聴率があるから)が、本来は負けても後がある試合でした。なので引き分けはもっと評価しても良いのに・・・。

むしろ、問題はこの試合の開始時間。オマーン現地時間の17:15(日本時間22:15)開始。一方、バーレーン(ホーム)vsタイの試合は19:30(日本時間(日本時間25:30)開始。ちなみにバーレーンとの時差が6時間、オマーンとの時差が5時間ですから、日本戦を「まともな」時間に開始していたら、24:15試合開始でした。
放送中に「過酷な環境」と繰り返していましたが、その過酷な環境を強いているのは日本のメディアと広告主だという矛盾。(経済的に仕方がないとはいえ)
いくら次の試合が1週間後とはいえ、オマーンの選手もたまったものではないでしょう。その為に、本来なら大量点をとっておきたい試合で、先制点の後、自重したのでしょうのでは・・・。結果として、現在の日本を無得点に抑える力はオマーンにはなく、同点にされることになりました。

ちなみに、後の試合だった首位のバーレーンは、ホームでタイと1−1のドロー。これでバーレーンは勝ち点10に積み上げました。

もし、オマーンが残り2連勝すると勝ち点10。そして日本はあと1勝で勝ち点10。現在の両チームの得失点差の差が8ありますから、次のタイ戦で日本が勝てば、最終戦のバーレーン戦で日本が大敗しない限り、ほぼ勝ち抜けは可能。
逆にオマーンがバーレーン(今回はバーレーンのホーム。ちなみにオマーンはバーレーンにホームで0−1で敗退)に引き分ければ、日本はタイ戦に勝って最終予選決定の2位以内を確定します。またオマーンが負けることがあれば、日本は引き分けでも2位以内を確定させます。

最終予選のシード国は、1)オーストラリア、2)韓国、3)イラン、4)、5)日本かサウジアラビアと既に決まっているので、この三次予選は一位で抜けようが、二位で抜けようが、全く関係なし。最終戦のバーレーン戦は消化試合になることが濃厚です。

実は5つのシードチームの内、ほぼ最終予選出場を確実にしているのはサウジアラビアだけで、日本を加えた残りの4チームには、まだ予選落ちの可能性が残っているのです。現在、最終予選への通過が決まっているのはウズベキスタンだけ。アジアの中の実力差は確実に小さくなっているのです。

後はこぼれ話・・・・

続きを読む


posted by BLC at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。