2008年06月03日

久しぶりに溜飲の下がるゲームでした。

皆さん、テレビでもご覧になったとおり、「イージーなゲーム」(岡田監督談)だった昨日のオマーン戦。
家を出るときも妻に「本当のことを言うと、今日は楽勝だと思う」と言って出かけましたが、その通りになりました。キリンカップである程度掴めていたものを、シッカリとものにして来ましたね。

得点の経過をみれば、中村俊輔の活躍はMOM級なのですが、試合のリズムを作ったのは2トップ+松井の動きだしの良さ。
この3人がダイアゴナルに動くことで、オマーンのディフェンスが大混乱に陥ります。今まで「下がってボールを受ける」場合、日本のフォワードは、ほぼボールに対して真っ直ぐに下がってきました。その結果、フォワードの次の動きが制限されていました。しかし、斜めに下がってボールを受けることで、後ろから上がってくる選手が最短の移動でFWが動いたスペースを活かせるだけでなく、自分も振り向けることで、プレーの選択肢が非常に増えました。また斜めに下がることで、直線に下がる動きより、ゴールからあまり遠ざからないで済むのです。
ただし、この方法は相手のDFにボールをさらわれやすいので、瞬間的なスピードと、パッサーとのコンビネーションが求められます。この辺りは、もはやベテラン、遠藤の良さが出ていました。
今まで、ボールを引き出す旨さでは、センターからサイドに流れる柳沢が一番だと思っていましたが(鈴木隆行はあまりに直線的で不器用)、今日のトップ2人はそれ以上でした。そこに大きくサイドを変えて動く松井が加わることで一段とすごみを増しましたね。

しかし、彼らの良さはこれだけではありません。前線前のシビアゾーンであえてショートパスを用いることで、ボールを奪われた場合のファーストディフェンスのアプローチも早い。相手のディフェンスに、非常に早く、しかもディフェンスの死角から来られるので、ボールを失う確率も多かったわけです。

この攻撃(と素早いファーーストディフェンス)は、既にキリンカップの2試合の前半25分までに見せていたもの。確かにキリンカップでは失速してしまいました。それは、その時間に点が取れなかったことと、相手の対応力が優れていたこと。オマーンにその対応力があるとは思えませんから、最初の25分までに一点が入った(実際には10分)段階で、勝負アリでした。

まさに日本版シャンパンサッカーで、日本人に最適なサッカーでした。しかし、これだけでは得点が取れない(実際にシュートだけ見ると日本は7割近くのボールポゼッションながら11本どまり)のですが、そこにリズムを変える俊輔(と田中)がいることで得点になる。今までの日本の試合を制する力に、俊輔のゴールに結ぶ付ける力が出会った事が今日の勝因でした。

問題はマスカットでのリターンマッチ。
最近の3戦で完成したこのサッカーを灼熱のアウエーで発揮できるか。
とはいえ、実際の所、必要なのは「勝ち点1」。選手交代を上手く使い、なによりも鈴木や今野などの守備の持ち駒が体力を残しているはず。
これで当面のライバルであるオマーンを潰して(どうせ1位にならなくても良いのだ)、後は日本サッカーの新しいスタイルづくりを行いましょうよ、岡田監督。(きっとそのつもりのはず)



posted by BLC at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長沼元会長の逝去を悼む

試合について、また書かせていただきます。

それよりも、今日のショックは長沼元日本サッカー協会会長の逝去の報。
試合前に突然、アナウンスがありました。

まわりの観衆はほとんど関心がないようでした。

しかし、長沼元会長は、ハンディキャップサッカーの人たちがサッカー協会メンバーになれるようにと、その晩節を尽くしてくださった方。本当にショックでした。

 

ちなみに上の話については、ほとんどの人が「何のこと?」と思うかも知れません。

いいんです、それは判っています。でも、書かずにはおれませんでした。サッカーには消費者の前に「ファミリー」がいます。長沼さんは最後まで「ファミリー」の拡大に尽力されました。

長沼さん、僕ら、サッカー好きですよ。

posted by BLC at 01:01| Comment(0) | TrackBack(1) | No Life, No Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。