2008年03月07日

茶葉料理の夕べ

皆さん。
突然ですが、茶葉料理というのはご存じですか?そう、お茶を使った料理のこと。
日本ではあまり食べられない(台湾が有名)茶葉料理ですが、この度、日本中国茶普及協会の新年会でめいっぱい愉しみました。こういう料理もあるのだと言うことをご紹介します。

さて、今回の茶葉料理の夕べは、中華街の名店であり、同時に私ども夫婦の結婚式の二次会場でもあった菜香新館。菜香グループには悟空という中国茶専門店もあります。その菜香グループが年に一度、研究に研究を重ねたメニューが「茶宴菜単」です。

実はこの日は旧正月明けの「新年会」の位置づけ。
そこでおめでたく京劇でお出迎え。

P1000089.JPGP1000091.JPG

P1000096.JPG 祈生活愉快!

 

さて、まず食前酒ならぬ食前茶が登場。
P1000097.JPG

これは南糯白毫(なんだはくごう)という雲南省の緑茶。
雲南省というとプーアル茶の本場で、発酵系のお茶の里というイメージですが、このような緑茶もあります。
雲南省のシーサンパンナという土地(茶の発祥地と言われます)の産です。
柑橘系の甘い香りと甘みが特徴のお茶。濃い水色も特徴ですね。

まず一の皿は「茉莉花四海盆」。
クリックすると拡大します
ジャスミン茶で味付けしたホタテの貝柱(左上)に、カリカリの豚料理。クラゲなど、最初から美味さ全開。
ちなみに、このかりかり豚は通常でも菜香新館で食べられます。

二の皿は「白牡丹活蝦」。
クリックすると拡大します
今日の一つのメインイベント?!
たっぷりの白牡丹(福建省の白茶)で蝦を蒸したもの。
実はお茶って、あんまり味が付かないんです。しかし、臭みをとるのには最高。だから蝦の味がしっかりと生きる。今までに食べたことがないほど素晴らしい味でした。

でもですね。白牡丹って100gで3000円くらいするお茶。数百グラムをつかっていますから、贅沢といえばこれほどの贅沢は・・。

さて、これ以降の皿は、また明日以降に。



posted by BLC at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。