2008年03月01日

ダブルスタンダードからオープンスタンダードへ

米国のスターバックスが全店で一斉休業をしたそうです。

スタバ離れ」に危機感、全米13万5000人の従業員にエスプレッソのいれ方を再教育
2月27日14時5分配信 Yahooニュースより引用

 スターバックスでの体験は、エスプレッソを入れるバリスタが、コーヒーに対する情熱を顧客と共有することによって生まれる―米スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏は言う。しかし、それを実現するために、彼は全米で7000を超える店舗を閉め、13万5000人におよぶ従業員に対して、店内でトレーニングを行わなければならなかった。

 同社は2月26日にいっせいに行われたこのトレーニングによって、スターバックスのコーヒーの品質維持をはかると同時に、米国以外の43か国でも来月からトレーニングを展開するとしている。米スターバックスは、景気後退などの影響による業績が悪化や、味に対する厳しい批評などによって、危機感をつのらせている。


もちろん、このようにニュースになるように広報的な効果を狙ったものだと思います。

 

続きを読む


posted by BLC at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 不易流行通信番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。